ゴールデンウィークを利用して新幹線でハウステンボス旅行をしてみましょう。ゴールデンウィークではたっぷりと休みを取ることができるため、ハウステンボス旅行ではじっくりと色々なスポットを見て回ることができます。さまざまなスポットのある場所であり、新幹線を利用することによって、九州以外からのアクセスも快適に行えます。 ハウステンボスの概要 ハウステンボスとは長崎県の佐世保市にあるテーマパークであり、オランダをテーマとして街並みを再現している点に特徴があります。佐世保市にはハウステンボス町という町名があります。ハウステンボスとは森の家という意味であり、一年中多くの観光客が集まっています。 春にはチューリップまつりが行われて、初夏と秋にはバラまつりが行われます。冬には光の街というイベントが開催されており、一年を通して見どころのあるテーマパークです。風車が建っていたり、ヨーロッパ風の建造物があちこちに立地しているため、外国旅行をしている気分に浸れるでしょう。 ハウステンボスのおすすめスポット テディベアキングダムというテディベアを専門とした博物館があります。アンティーク品から現代の作品まで揃っています。3.6メートルの高さのあるベアが置かれており、記念撮影できます。ブルーケレンには同名の古城があり、それをモデルにして城の外観をデザインしています。 三連風車が存在しており、撮影スポットとして人気があります。ガラス工芸品を扱っているギヤマンミュージアムは実際にオランダにある市庁舎を模しています。高さが105メートルのドムトールンというシンボルタワーがあり、ハウステンボスの風景を一望できます。夜景が素晴らしいことがおすすめポイントとなっています。 アクセス方法と宿泊 新幹線を利用したアクセス方法として、最初に博多駅まで新幹線で向かいましょう。そこから特急ハウステンボス号が出ているため、これに1時間40分乗ってハウステンボスまで到着できます。新幹線によりハウステンボス旅行はとても快適なものとなるでしょう。オフィシャルホテルがあるため、宿泊先として利用しましょう。ゴールデンウィークには混み合うため注意してください。 ゴールデンウィークの貴重な休日を利用してハウステンボス旅行を計画しましょう。新幹線を用いることによって、遠くからでも気軽に訪れることができます。ゴールデンウィークの計画が特にない方はハウステンボス旅行を思う存分満喫しましょう。

コメントは停止中です。